こんにちは!北登の小磯です

 

 

前回、パート1の続きです       パート1はコチラから

 

猫背1

前回は、こういったタイプの猫背に対して、整体ではどう施術し、その後のケアとして各人がどういった事をすれば良いか、またその理由などのお話しでしたね

 

今回は、その各人で行っていただく具体的なケアの方法をご説明します

 

しかし、その前に

 

まず正しい姿勢というのはどういうものなのか

 

目標となるものをしっかりとイメージする必要があります

 

一言に「正しい姿勢」と言っても、元々の骨格や造りの違いや、もっと言ってしまうと多少歪みがあるように見えてもそれはそれでバランスが取れていて特に改善する必要もない場合もありますので一概には言えませんが、一般的な目安となるものはあります

 

正しい姿勢を知る 一番、簡単な方法は…

DSC_0680加工

画力に限界が生じたので、私の体で説明します…汗

 

つま先を少し開き、後頭部・肩・お尻・ふくらはぎ・かかとを壁に付けるだけ

 

壁さえあればどこでも出来ますね

 

注意点は、これを猫背気味の方がやると、顎が少し上がりやすく後頭部でも上の方が壁に付いてしまいます

 

それを顎を引き、目線を正面にします

正しい姿勢アゴ

こんな感じ…(これは描けた!)

 

良い姿勢、お分かり頂けたでしょうか?

 

やってみると分かりますが、けっこう違和感あります

 

普段と違う筋肉を使っている感覚があると思います

 

でも安心して下さい、大体の方そうです 笑

 

かく言う私も、けっこう力入ってますね 汗

 

しかし、だからこそ、良い姿勢だと美しさが際立つんです!

 

あの人はいつも姿勢がきれいだね、と

 

きっと育ちも良いんだろうね、と

 

知的にみえるね、と

 

運動も出来そうだね、と

 

性格も良いんだろうね、と

 

何かもうあいつには勝てる気がしねえや、と

 

オーラまで見えてきやがったぜ、と

 

周りの評価も急上昇

 

まさに、良いことずくめ!

 

決して怪しいストーンの販売ではありません 笑

 

物には頼らず、自分の力で手に入れるんです!

 

ということで、ようやくその具体的なやり方です

 

その名も『猫ポーズ』…!!

 

そう、目には目を、猫には猫をです

 

まず四つん這いになります

猫ポーズ1

 

 

そして、お腹に力を入れ、息を吸いながら引込めます

猫ポーズ2

 

 

そして、ここからが本番!!『にゃーーー』と叫びながら息を吐き、両手を前に滑らせます

猫ポーズ3

 

さあ、恥ずかしがらずに!!あたたはもう立派な猫なんです!!自身を持って!Say!にゃー!Everybody、にゃー!

 

そうです、いい感じです

 

これで、ささいな嫌なことも同時に吹き飛んだことでしょう

 

これも9秒間キープ、胸は無理であれば地面に付ける必要はありません

 

この繰り返しを一日10回ほど、出来れば良いですね

 

近所の住民からは、あれ、あそこの家猫でも飼いはじめたのかな?と、いや何か人っぽくねえかと、やべえなと、早く引っ越そうぜと、勘違いされることでしょう

 

ご注意下さい

 

要は、この猫背パターンの後湾した胸部分を、逆方向に伸ばしてあげようと、そういうストレッチです

 

すぐに効果は分からないかもしれないですが、やるだけでもスッキリした感じはすると思います

 

毎日積み重ねれば、変化も実感出来てくると思います

 

 

次回は、また違うパターンの猫背について

前にも書きましたが、猫背って色々と種類があって、皆さんそれが組み合わさっているような状態です

パートいくつまで続くか分かりませんが、不定期更新です