はげ

 

こんにちは!北登の小磯です

 

 

 

 

本日、10月7日は何の日でしょう

 

 

 
そう、みんな大好きバーコードの日ですね

 

 

 
1952年のこの日、アメリカのバーコードの特許が認められました

 

 

 
意外と歴史長いんですね

 

 

 
そしてその歴史は、日本のオジサマ方にも脈々と受け継がれています

 

 

 
結論を言うと、ただこのおじさんの絵を描きたかっただけなんですが、ついでに今までバーコードヘアーについて抱いていた疑問と解決法を考えてみました

 

 

 
そもそもこの髪型は、お禿になられている方がその頭頂部をカバーする為に作為的に毛の長さを調整し、あたかも私はフサフサですよと、カモフラージュするものだと思います

 

 

 
その発想はすばらしい

 

 

 
画期的とも言えるでしょう

 

 

 
しかし、バーコードになってしまっている時点で、肌の部分も見えてしまっているので、ハゲがバレているどころか、ハゲのチラ見せというより凄惨な事態に陥っています

 

 

 
実にもったいない

 

 

 
惜しいところまではいっています

 

 

 
ちなみに、「バーコード頭」でググってみたところ、第2キーワードの2番目に「なぜ」とでてきました

 

 

 
やはり私同様、疑問に思っている方が少なからずいるのでしょう

 

 

 
私の考えだと、やはり片サイドだけでは毛の量が足りないのかと

 

 

 
思い切って反対側も伸ばしましょう

 

 

 
後はそれを上に持ってくるだけなのですが、両サイドから上げると真ん中で毛同士がケンカしてしまうという問題が発生します

 

 

 
なのでまあ、最終的にはこんな感じですね

 

 

 
頭頂部を隠せるどころか、可愛さ8割増しのミラクルヘアー

 

 

 
ここまでいくと、ハゲがどうこう気になる人もいないでしょう

 

 

 
街で人気者間違いないです

 

 

 
バーコードヘアーの方、決してバカにしてる訳ではないです、ごめんなさい