IMG_20140725_123132

 

ジェームスがポータブルになりました

 

 

 

そう、てっぺんの金具を外すことによって、頭が開けれるどころが頭部ごと取れるようになったんです

 

 

 

これで持ち運びも簡単

 

 

 

念願のお散歩の夢も叶えてあげることが出来そうです

 

 

 

夏なのでアウトドアもいいですね

 

 

 

海、山、プール…でもやっぱり一番しっくりくるのは、キャンプファイヤーでしょう

 

 

 

それまで皆で和気あいあい楽しかったキャンプファイヤーが、これを横に置くことによって一気に原住民生贄の儀式感アップです

 

 

 

私の場合は一人ですね

 

 

 
ひとり山に籠り、火をおこし、頭部の骨を横に置き、もえろよもえろとボソボソと口ずさみながら炎を見つめる

 

 

 

もはや儀式というか、この人はきっと何かとてつもない懺悔を背負って生きてるんだなと、勘違いされるでしょう

 

 

 

夏をエンジョイしたいと思います