DSC_0921

 

ヘイヘーイ!ヘイヘイヘーイ!ハロウィンヘーイ!

 

 
ハロウィンが近づいたことで、ジェームスが高ぶっております

 

 
やはり骸骨、楽しみにしていたんですね

 

 
せっかくなので三角帽をかぶせてあげました

 

 
カボチャのお友達も出来て良かったね

 

 
とてもお似合いのコンビ

 

 
コミカルな掛け合いとかしそうですね

 

 
そしてこの笑顔

 

 
ジェームスも心なしか笑っているようです

 

 
楽しそうで何より…いや、ちょっとニヤニヤし過ぎじゃないでしょうか

 

 
今まで私にこんな表情、見せてくれたことありません

 

 
わ、わたしのジェームスがどんどん遠くへ…

 

 
おのれ泥棒カボチャめ

 

 
ここは私も大胆な仮装をすることによって、ジェームスの気を引くしかないでしょう

 

 
さもないと、ジェームスがこの極悪非道カボチャに悪の道へそそのかされてしまいます

 

 
私も決してノリで仮装しちゃうような陽気なタイプではありません

 

 
いやしかし、迷ってる暇はありません

 

 
急がねば、女・子供関係なく道で目が合えば石で殴りかかるような人間のくずカボチャが、手を下すのも時間の問題です

 

 
仮装、仮装と

 

 
実は私、今まで周囲にひた隠しにしてきましたが、幼い頃より憧れていたコスチュームが一つだけあります

 

 
それは

 

 
行き過ぎた資本主義のによりすさんだ社会で悪と戦う機械の警官サイボーグ

 

 
ロボコップ

 

 
かっこいいですよね

 

 
もはやハロウィンっぽいかどうかは二の次です

 

 
そして、あれだけ肌の露出する部分が少なければ恥ずかしくないだろうという事と、あわよくばそのままカボチャをピストルで打ち抜いてやろうという事は見越した上です

 

 
ただ、来て下さったお客様がカオスな光景に驚かないかなという事だけが少し不安ですが、頑張ります